menu

■論文

■論文

2023/11/09

  • Hiroaki Yamada, Takenobu Tokunaga, Ryutaro Ohara, Keisuke Takeshita, Mihoko Sumida, Annotation Study of Japanese Judgments on Tort for Legal Judgment Prediction with Rationales, In The Proceedings of The 13th Language Resources and Evaluation Conference, LREC 2022, Marseille, France, June 21-23, 2022.
  •  神吉知郁子『司法判断におけるAIの実装可能性―――イギリスにおける労働者性判断の試みから』NBL1187号(2021年2月1日)12~20頁
  •  角田美穂子、意思表示の効力発生時期規定の現代化―――リーガルイノベーション序説、岡本裕樹・沖野眞巳・鳥山泰志・山野目章夫編『民法学の継承と展開 中田裕康先生古稀記念』(有斐閣、2021年8月刊行)所収、211~231頁
  •  角田美穂子「自著を語る:角田美穂子=フェリックス・シュテフェック共編著『リーガルイノベーション入門』(弘文堂)」金融・資本市場リサーチ7号、2022年8月